ひな人形が可愛く思える

お雛様を飾っていますか?

今日は楽しいひな祭り!

私が小さい頃は両親が7段飾りのお雛様を飾ってくれていましたが、そういえば大人になってからは飾らなくなってしまいました。

もう何年も自分のひな人形はみていないですが(実家にあるかどうかも謎)、小さい頃は何となくお雛様の顔が怖かった記憶があります(>_<)

じっと見られているような? 夜になると動き出しそうな?

そのくらい迫力があるということなのでしょうね!

イトオテルミーの勉強会で癒された

先日、イトオテルミーの勉強会で中村先生の家の玄関にひな人形が飾ってありました。

お雛様

可愛いでしょ!

娘さんのお雛様かと思い聞いてみると、なんとこのひな人形は先生の物なんですって!先生現在50代後半!なんと綺麗な保存状態なのでしょう!

しかも先生が大学生の時におばあちゃまが手作りした木目込み人形なんだそう!

先生のおばあちゃまは沢山孫がいたのですが、女の子の孫一人ひとりに手作りでひな人形をプレゼントしていたんですって。

なんて素敵なストーリー付きのひな人形なのでしょう。

孫を思いながら丁寧に作られたひな人形。お顔も美しいです。

木目込み人形お雛様

お内裏様

木目込み人形

愛情たっぷりですね!

木目込み人形の歴史

木目込み人形作り方

「人形の田辺」さまから画像をお借りしました

では木目込み人形とはいつからあるのか調べてみました。

木目込み人形の歴史は古く、一説によると1740年頃にまで遡ります。

当時、京都の上賀茂神社に、高橋忠重と呼ばれる職人が仕えていました。

彼は、奉納箱に使用した柳の木の木片を使って人形を作っていたといわれており、それが木目込み人形の始まりとして言い伝えられています。

ずいぶんと長い歴史がある職人の技なのですね!日本人で、しかも女子でひな人形と関りがありながらも知りませんでした。

お雛様には厄除けの意味がある

ひなあられ お雛様

そもそもお雛様はお祓いの意味があったのですね。

医療も薬も発達していなかった時代に、「わが子が健康で元気に成人しますように」という親の思いが込められて、昔から現在までお雛様はずっと日本の文化として愛されてきているのですね。

さあ、今日は美味しいちらし寿司でも食べてお祝いしましょう!こんな日は食養生を忘れていいものなのですよ。

これがマクロビオティックのメリハリなのですね(≧▽≦)

 

ベル講座のお知らせ

秋のオンライン講座のご紹介です。

不妊、妊娠、婦人病 生殖を学ぼう!西洋医学理論編

ハート 不妊の原因、妊娠の仕組み、男性不妊の事、クリニック選びのポイント、普段ドクターには質問できないような不妊治療、ホルモンの話など有資格不妊カウンセラーの私がお伝えします!

 11月12日(土) 10時~13時 

 

不妊、婦人病、男性不妊にマクロビオティック実践編

おにぎり 食事から見直して妊娠しやすい体を作りたい人に絶対知って欲しい!子宝体質を手に入れる食養生の実践方法を具体的にお伝えします。

11月26日(土)10時~13時

 

詳しくは講座のタイトルまたは写真をクリックして下さい

 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944681877.png
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944681951.png
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8c07d7dc5bfa951c50a20c88ad8ce0ae.png
 
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944692562.png
 
 

 


★著書のご紹介★

マクロビオティックをベースに「食と生活習慣」を見直す方法を具体的に書きました。

 妊娠にむけて体作りをベースからしっかり始めたい方、不妊、婦人病に悩む方、穏やか更年期を迎えたい方へ

とにかく簡単で楽しい食養生の方法をお伝えします!

おかげさまでアマゾンランキング不妊症のカテゴリーと妊娠の知識カテゴリー、ダブルで1位になりましたハート
 ありがとうございました!

↓楽天からはこちら↓

 

関連記事

  • 日常のひとこま
表参道 インド料理 ゴングル GHUNGROO

突然ですが私はインドカレーが好きなんですよ! 地元、狛江のインドカレー屋さんも時 […]

  • 日常のひとこま
【外食の選び方】大庄水産 狛江店

体質改善中だって時には外食を楽しみたいですね。 今日は地元の狛江にあります「大庄 […]

  • 子宝メシ
  • 日常のひとこま
潮干狩りに行こう!アサリで生殖の「腎」を助ける!

いよいよ潮干狩りのシーズン! ということで、千葉県の久津間にいってきました! や […]

  • 日常のひとこま
  • 食事療法
不妊、婦人病と漢方薬と深く関係がある日本の昔からの美しいことわざ

毎年5月、我が家の庭ではとても美しい芍薬が花を咲かせてくれます。 「立てば芍薬、 […]

  • 日常のひとこま
ワクチン後遺症が認知され始めた

手が痺れる、足に力が入らない!ワ〇チン後遺症から徐々に回復した友達の実話 現在、 […]

  • 日常のひとこま
やるべきか?やらないべきか?占い師にワクチン接種事業を相談する医師

ワクチン接種に関することで私の周りで起きていること少しづつシェアしていくことにし […]

PAGE TOP