生殖を学ぶアイキャッチ

不妊治療を始める時に、最初の検査で採血をすることが多いでしょう。

そして血液検査の結果、難解な数値が沢山出てきます。

その血液検査の数値にはホルモンバランスのことや感染症のことその他色々な情報が詰まっています。

特にその生理周期に合わせて採血しホルモンバランスを確認することは不妊治療中に何度も繰り返されるものです。

あなたはそのホルモン値の意味を全て理解できていますか?

  • いまいち分かっていないけどドクターに聞きたいが忙しそうで聞けない。
  • ドクターに聞けないので後からインターネットで検索しているが本当にそれが正しい情報なのかは確信できない。
  • すべて病院にお任せしているので全くわからないまま治療を受けている。

このような状態で不妊治療を受けている方は意外と多いのではないでしょうか。

3年間、不妊治療の質問が出来なかったAさん

以前、カウンセリングさせていただいた A さん(41歳)のお話です。

 A さんは3年間、同じ不妊治療専門クリニックで繰り返し体外受精を続けていました。

カウンセリング当日に、過去の治療歴のプリントを沢山、持参してくれたAさん。

その内容からみるとAさんは3年間、ずっと同じ高刺激の方法で卵巣刺激を受けていました。

しかしHMG の注射など卵巣の刺激をしても採卵できるのは1個から2個と採卵できる数もだんだん減ってきました。

そしてだんだん胚盤胞にならなくなり受精することもままならなくなってきたようです。

A さんはその後どうしたら良いのかわからなくなり、カウンセリングを受けてくださったのです。

コウノトリごはんのカウンセリングでは食事指導の他に不妊治療の進み方や、自分の不妊治療の方向性や、治療についての疑問など東洋医学サイドの食と西洋医学サイドの治療のお話を伺っています。

A さんは3年間も同じ不妊治療の施設に通っているのにも関わらず、ホルモン値の話や41歳での体外受精の成功率のお話など全くドクターから聞かされていませんでした。

AMH 、FSH のお話をしてもAさんは最初はチンプンカンプンで、なぜそれが大切な指標となるホルモンの値なのかが全く理解できていなかったのです。

 Aさんに「ドクターに質問して聞いてみたいと思ったことはありませんか?」と尋ねたところAさんはこう答えました。

「最初、分からない事はお医者さんに聞いてみようと質問したのですが、忙しいからか嫌そうな顔をされました。そこからは質問することもストレスになるので何も聞かずにお医者様の言うとおりにしてきました」

その答えを聞いて私はとっても悲しい気持ちになりました。

 Aさんは体外受精という非常に高価な治療を選択し3年間もその病院に通っているのです。

これは私の勝手な考え方かもしれませんが、自費治療ということはある意味これはサービス業に近いものがあるのではないでしょうか。

1クール50万から60万は当たり前の体外受精どうして患者の方が病院に遠慮しながら治療を受けなければいけないのでしょうか。

私自身も5年間体外受精を繰り返しましたので、Aさんの言う「質問することがストレスになる」という感覚は痛いほど分かります。

見せていただいた血液検査の結果を見てみるとAさんのAMHは大変低く、FSHも時間とともに上昇していました。

これは卵巣がだんだん衰えていることを意味しています。

その状態でずっと高額な注射を打ち、卵巣刺激をしていたAさん

悩む男女

きっとドクターには何かお考えがあってこのようにしていたのかもしれませんが、私はこれではちょっと辛いなあと思いました。

 私はAさんにホルモン値の見方やそれが意味することを説明し、卵巣刺激にもいろいろな方法があるということをお伝えしました。

Aさんは不妊治療の基本的な知識をしっかり理解できた上で、今の自分の体の状態に合った治療をしてくれるクリニックを選ぶことができました。

そして合わせて食養生も3か月以上しっかりと実践し、転院先の二回目の採卵で妊娠出産することができました。

Aさんのように実は不妊治療の大切な基礎知識や流れをしっかりと理解できていない状態で妊活の沼にハマっていく人はたくさんいるのではないでしょうか?

不妊治療は決して安価なものではありません。

せっかく治療を受けるのであれば自分達夫婦の体や治療はどんなステージにいるのか、妊娠の仕組みや不妊の原因、婦人病、男性不妊のことなど理解できた上でされた方が断然有利です。

私はAさんのような相談者さんのお話をこれまでに沢山伺ってきました。

そこで生殖の基礎知識を伝えることはとても大切だと常々思い、誰でも参加できて、分かりやすい生殖の講座をオンラインで定期的に行っています。今回は7月3日(土)です(*^^*)

全て施設に丸投げするのではなく、自分でも考えて選択をしていける妊活にして行きましょう。

治療の方向性や継続か否か最終的な決定は患者にゆだねられます。

それは人生に大きな影響を与えます。

自分の不妊治療を理解したい方、妊娠の仕組みや不妊の原因となるものを正しく理解したい方にぜひ受けていただきたい講座です。 (特に妊活初心者さん)

また妊活をしている当事者だけではなく、妊活中の人を支えているマッサージや鍼灸の先生方で患者さんの為に不妊治療のことを詳しく知りたいという方にも評判の講座です。

一緒に学んで行きましょう!

↓詳細はこちらをクリックしてご覧ください↓

オンライン講座 生殖を学ぼう!

2021年7月3日(土)10時~13時

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

公式ラインアカウントにて妊活中のレシピや役立つ情報を配信中です!

ご予約等にもご利用ください(*^^*)

↓↓↓

友だち追加
 

ベル講座のお知らせ

オンライン講座のご紹介です。すべて後日動画配信がありますので当日出席できなくても学べます。

不妊、妊娠、婦人病 生殖を学ぼう!西洋医学理論編

ハート 不妊の原因、妊娠の仕組み、男性不妊の事、クリニック選びのポイント、普段ドクターには質問できないような不妊治療、ホルモンの話など有資格不妊カウンセラーの私がお伝えします!

 7月6日(土) 10時~13時 

生理はどうして やってくるの? 不妊の原因になるものを 正確に答えられる? (2)

 

不妊、婦人病、男性不妊にマクロビオティック実践編

おにぎり 食事から見直して妊娠しやすい体を作りたい人に絶対知って欲しい!子宝体質を手に入れる食養生の実践方法を具体的にお伝えします。筋腫やポリープなどのお悩みがある人にもオススメです。

月20日(土)10時~13時

WPアイキャッチ800-500 (15)

 

詳しくは講座のタイトルまたは写真をクリックして下さい

 
 

不妊カウンセリング&食事相談

 
不妊や婦人病をはじめ、様々な不調の原因と解決策をマクロビオティック望診法をベースにし「食事」からアプローチするセッションです。
 

対面(東京都狛江市のサロン)又はオンラインで受けていただけます。

右矢印妊活、体質改善に!不妊カウンセリングと子宝食事相談について

生理はどうして やってくるの? 不妊の原因になるものを 正確に答えられる? (2)

 

温熱刺激療法イトオテルミー

温熱刺激で身体の外側から働きかけることで本来の「自分で治す力」が目覚めます。

優しいぬくもりの温熱刺激療法イトオテルミーは子供からお年寄りまで晴れ

 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8c07d7dc5bfa951c50a20c88ad8ce0ae.png
 
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944692562.png
 
 

 

★著書のご紹介★

 妊娠にむけて体作りをベースからしっかり始めたい方、不妊、婦人病に悩む方、穏やか更年期を迎えたい方へ

とにかく簡単で楽しい食養生の方法をお伝えします!

おかげさまでアマゾンランキング不妊症のカテゴリーと妊娠の知識カテゴリー、ダブルで1位になりましたハート
 ありがとうございました!

 

↓Amazonはこちらから↓

妊活カバー最終_jpeg

 

↓楽天からはこちら↓

 

 

関連記事

  • お客様の声
  • セミナー
  • セルフチェック望診法
健康で美しくいつまでも元気で頑張りたい!セルフチェック望診法のご感想

8月のセルフチェック望診法のご感想をいただきました! オンラインでのセルフチェッ […]

  • 不妊カウンセリング
  • 不妊や生殖について
妊活で橋本病がわかりチラーヂンS錠を服用している人絶対に読んでください!

最近私の子宝カウンセリングにいらっしゃる方で甲状腺のトラブルである橋本病やバセド […]

  • 不妊カウンセリング
  • 不妊や生殖について
初潮のお祝いはお国変わればスタイルも変わる!

ある日突然、自分の下着に血が付いていて「うわ!とうとう自分にも来たー!」というシ […]

  • 不妊や生殖について
妊活している時の洗剤について考える

洗濯のお話って、気になりますよね。 私たち女性にとって、香りや洗剤って、何気なく […]

  • 不妊や生殖について
48歳 双子を自然妊娠で経膣分娩!15歳若く見える!

不妊カウンセラーをしていると、伝説のような妊娠出産ストーリーと出会います。 今日 […]

  • お客様の声
  • セミナー
大人の性教育!生殖を学ぼう!にご参加ありがとうございました。

オンラインセミナー 生殖を学ぼう!が無事に開催されました! 11月7日は10時か […]

PAGE TOP