お電話でのお問い合わせは

03-1234-5678

営業時間:10:00 ~ 17:00

ワクチン接種を占いできく

やるべきか?やらないべきか?占い師にワクチン接種事業を相談する医師

ワクチン接種に関することで私の周りで起きていること少しづつシェアしていくことにしました。

高齢者のワクチン接種はすでに多くの方々が済んでいるので、これからは生殖年齢にある人たちの順番がまわってきています。

いま国民全体はもちろん不妊治療中、妊娠中の方々は特に推進派、反対派の両方の意見に挟まれて「もう、どうしていいかわからない、決められない」と泣きそうな気持になっているのではないでしょうか?

テレビからの情報はもうお腹いっぱいだと思いますので、テレビからは聞かされることはない現実に起きた私の身の周りの話をシェアしていきたいと思います。

ワクチン接種事業を自分のクリニックに取り入れるかどうかを占う医師

先日、私はご縁で人気の占い師さんとお話をさせていただく機会がありました。

私が「こんなご時世ですから、いままでとは違った感じのご相談とかもありそうですね」と話すとその占い師さんはこんな興味深いお話をしてくれました。

ここから占い師さんのお話

先日、とある内科の開業医さんが相談にきました。

そのドクターは免疫やワクチンなどを専門で勉強していた方で今回のワクチンはどうしても信頼できないので自分もクリニックのスタッフも接種していません。

あまりにも、ワクチンを人に接種するには大切な工程をすっ飛ばし過ぎているということ。

もちろんクリニックではワクチン接種をしておらず今後も事業に取り入れる予定はありませんでした。

ところが、最近では頻繁にクリニックに通院していた高齢者が外出しないようになり、通院回数も減ったせいかそのクリニックの利益が以前よりも減ってきました。

もしもこのままずっと減り続けたら、閉院しなければいけなくなる日がきそうで不安になったドクター。

手っ取り早い改善策はコロナワクチン接種をするクリニックに転向することです。

ワクチン接種をすれば国からお金がもらえます。そうすれば経営は潤うのです。

しかしそのドクターは「自分が信頼できていないワクチンを、自分の商売の為に人々に接種していいのだろうか?しかしクリニックの維持も考えなければスタッフにお給料も払えない……」という葛藤に悩まされていました。

そのドクター曰く、表向きは避難されたくないので「ワクチン接種を自分もしています」という医師でも、実は接種していないということがそのドクターの周りにも多々あるそうです。

なんとも痛ましいご相談

自分の信念をもって町で治療をしている医師が、迷いに迷って科学とは真逆の占いに相談してしまう。

このあと占い師さんがどんなアドバイスをしたかは、あえてお聞きしませんでした。

私はこのお話を聞いて、このドクターはとても人間らしい方だなと好感がもてました。

ワクチン接種は自己責任…… 私のクライアントさんたちは治療先のドクターに質問してもやっぱり迷う気持ちが捨てきれない人が多く悩んでいます。

普通のドクターは推進するでしょう。それが多数派。そしてテレビやマスコミはそこを強調して報道する。「ワクチンしかもう手だてがない!」と流せば人々が震える。

そして、ちょっとネットの世界で調べものが得意であればワクチン接種は危険と警鐘を鳴らす記事がたくさんみられる。

英語が得意な人であれば、日本のマスコミなんかよりもはっきりと書いてあるワクチンの危険性について唱えられているものも理解できる。

情報を得るためにも苦労するわけです。

結局みんなどっちも怖いと思ってるのでは?

「打っても、打たなくても結局どっちも怖い!」と感じられている方が多いのではないでしょうか?

接種を推進する話はみなさん耳にタコができるほどテレビで見聞きしていると思いますのでそちらはお任せします。

でも是非とも、接種をする前に、自分の身体に入れるものはいったいどんな働きをするものなのかきちんと理解してから接種することが大切だと思います。

岡田正彦(新潟大学医学部元教授・名誉教授)

この先生の動画が一番理解しやすいと思います。残念ながらYouTubeは削除されちゃったみたいなので、ニコニコ動画ですね。

ほんの15分の動画です。集中して真剣にみて理解をしましょう。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm38543596

自分の免疫力を大切にしよう!

そしてワクチン接種済の人も未接種の人も感染はしますし、前者も後者も重症化のリスクはあるようですね。
(接種が多く早かったイスラエルの状況を調べてみてください)

自分の免疫システム、体力をしっかりとしておくこと、日頃の感染防止策が、接種済も未接種も共通して言えることです。

そして、強い身体を作る食と生活習慣の大切さがいま正に見直されるときです。

この秋冬はとくに自己管理が大切です。ウイルスが体に入っても初期の段階でやっつけられればウイルスもそこまでです。

マクロビオティックではこの免疫システムを乱し、炎症体質を作る代表物は「砂糖、油」と考えます。

細かくはいろいろとありますが、まずは大きくこのあたりをコントロールしていくことが初めの一歩です。

「食」を学ぶことは一生の財産となります。自分の健康、家族の健康のためにも基本に戻りましょう。

 

ベル講座のお知らせ

秋冬は3つのオンライン講座を開催します

 

その① 

ZOOMで受講できるセルフチェック望診法

10月23日(土)&30日(土) 10時~13時

 

 

 

望診法を自分自身や家族の為に学べる入門講座が「セルフチェック望診法」です。

 

「目の下の白いプツプツは何だろう?」

 

「いつもあごに赤いニキビができる」

 

「日焼け止めをしているのにシミが増えてる!!」

 

「生理がレバーのよう」

 

「子宮ポリープを繰り返してしまう」

 

「感染症に備えて身体を整えたい!どうすれば良い?」

 

このような疑問やお悩みは望診法を学ぶと、食事が大いに関係していることが理解できます。

 

他にも体質を見極める望診の基礎が沢山あります。

 

マクロビオティックを学ぶと、自分の体の弱点を知りどんな食材が自分に多すぎて、どんな食材が足りないのかを理解できるようになるのです。

 

そんな一生役に立つ「食」の知識、セルフチェック望診法の講座をオンラインで受講してみませんか?

 

セルフチェック望診法のお申込みと募集詳細はこちらです。

 

その②

不妊、妊娠、婦人病 生殖を学ぼう!西洋医学理論編

ハート 不妊の原因、妊娠の仕組み、男性不妊の事、クリニック選びのポイント、普段ドクターには質問できないような不妊治療、ホルモンの話など有資格不妊カウンセラーの私がお伝えします!

 11月27日(土) 10時~13時 

 

 

その③

不妊、婦人病、男性不妊にマクロビオティック実践編

おにぎり 食事から見直して妊娠しやすい体を作りたい人に絶対知って欲しい!子宝体質を手に入れる食養生の実践方法を具体的にお伝えします。

12月4日(土)10時~13時

 

詳しくは講座のタイトルまたは写真をクリックして下さい

 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944681877.png
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944681951.png
 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: o0500035014944692562.png
 

 


★著書のご紹介★

マクロビオティックをベースに「食と生活習慣」を見直す方法を具体的に書きました。

 妊娠にむけて体作りをベースからしっかり始めたい方、不妊、婦人病に悩む方、穏やか更年期を迎えたい方へ

とにかく簡単で楽しい食養生の方法をお伝えします!

おかげさまでアマゾンランキング不妊症のカテゴリーと妊娠の知識カテゴリー、ダブルで1位になりましたハート
 ありがとうございました!

↓楽天からはこちら↓

 

関連記事

  • 日常のひとこま
お雛様 って可愛い!孫への愛が伝わる木目込人形

お雛様を飾っていますか? 今日は楽しいひな祭り! 私が小さい頃は両親が7段飾りの […]

  • 日常のひとこま
  • 私の子宝への思い
胎内記憶は本当?嘘でも本当でも愛おしい!

私は長男が2歳くらいの時に,生まれる前の記憶や、私のお腹に入る前の話を聞いたこと […]

  • 日常のひとこま
花粉症の症状が出た!鼻水くしゃみ!さあ、週末私は何を食べた?

くしゃみ、鼻水!花粉症が出てしまった! や ば い!! 昨日からくしゃみが出始め […]

  • 日常のひとこま
  • 食事療法
不妊、婦人病と漢方薬と深く関係がある日本の昔からの美しいことわざ

毎年5月、我が家の庭ではとても美しい芍薬が花を咲かせてくれます。 「立てば芍薬、 […]

PAGE TOP